学校で経験できるたくさんのこと

New Topics
学校で経験できるたくさんのこと

公立中高一貫校ってどのような学校でしょう。

都市部では年々公立離れが進んでおり、特に公立中学校より私立中学校を選択する家庭が増えてきています。2013年の東京都の調査では東京(市部も含める)全体でみると公立小学校から私立中学への進学率は約16%ですが、都心部の千代田区では39%が私立中学へ進学しているそうです。周辺の横浜市でも東京に近い地域では25%から30%が私立中学へ進学しているのですから地域によってはクラスの1/4が私立中学へ進学している事になります。私立を選択する理由としては私立の多くは中高一貫ですので高校受験が不要で大学受験へむけてじっくりスケジュールを組める事や大学への進学率が高い事があげられます。

そんな公立離れに歯止めをかけようと、各地で公立の中高一貫校の開校が増えています。一般的な公立中学と変らない費用で中高一貫の余裕をもった教育が受けられるということで保護者からも注目を集めています。実際、公立中高一貫校の大学への進学実績も良く、学校によっては中学入試の倍率が10倍に近くなるほど人気が高まっています。ただしデメリットとしてはここ数年で開校した学校ばかりですので部活動などの実績が無いという事があげられます。しかし、開校したばかりの学校で先陣を切ってその学校の歴史を作る事ができるのは開校したてならではの魅力でもあります。